おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」4話 あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

前回、美尊(新木優子)に結婚を申し込んだ兄の尊氏(新田真剣佑)。

少し困惑している美尊。

まだ旺太郎のことを好きになりかけてはいるが、

引き返せない状態でなかった美尊は、周りからの勧めもあり、

尊氏と婚約することになるのでした。

それを、良しとしない旺太郎はサイコに再びキスを求めます。

しかし、拒否するサイコ・・・。

スポンサーリンク

おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」4話 視聴率・ネタバレ・感想・考察

視聴率は6.7%だったみたいです。

 

サイコが働いているピザ屋さんに偽の注文をして、呼び出す旺太郎。

そこで、簡単にキスをしてくれないと分かっていた旺太郎は、

旺太郎「お前を信じている!」

と言ってビルから飛び降りるのでした。

結局、見ないフリをすることはできなかったサイコ。

 

またタイムリープします。

これで、プロポーズ前に戻ることができた旺太郎。

尊氏が簡単にはプロポーズできないように、

色々な策をめぐらせ、友達の結婚式があると美尊を誘い出します。

そこで、旺太郎の過去を友達の花嫁から聞きます。

旺太郎の事を守りたいと考え始める美尊。

旺太郎は遂に、

後日並木グループの会長である父親に

紹介してもらえるところまでいったのでした。

 

旺太郎は、ホテルにいます。

相手は、旺太郎の過去話してくれた友達の花嫁です。

実は、サクラだったのです。

結婚も全部ウソで、旺太郎が都合のいいように

話をしてくれるようにわざわざ頼んだのでした。

 

美尊の父親に会いに行く旺太郎。すると、サイコが現れます。

すると、なぜかキスをするサイコ!

スポンサーリンク

これで、折角旺太郎にとってはいい方向に進んでいたのが水の泡です。

サイコは、自分の祖母が死んでしまったため、

タイムリープをしたかったのでした。

でも、戻ったはいいが結局死んでしまうなら、

何をしても一緒と考えるサイコ。

でも、旺太郎に説得され、祖母に会いに行くことに。

満面の笑みで喜ぶサイコの祖母。

そのせいか、死ぬはずだった期日を過ぎてもまだ生きている祖母。

サイコに会ったことで、何かが変わったようです。

 

一方、並木(美尊の父)の見舞いに行っている尊氏。

(回想)

実は2人には因縁があったのです。

それは、美尊が生まれないことで、養子として尊氏を迎えた並木(美尊の父)。

でも、そこに美尊が生まれることがわかり、美尊に会社を継がせたいと考え、

尊氏が邪魔になった並木(美尊の父)。

 

全員が関わっている船の事故があった船中。

美尊の旦那に会社を継いでもらうと話す並木(美尊の父親)。

幼い尊氏は、偶然それを聞いてしまうのでした。

そうして、自分が養子であり、邪魔扱いされていることを知るのでした。

自暴自棄になった尊氏はエンジン室にこもって泣いていたのでした。

持っていた置物を投げつける尊氏。

すると、エンジンが爆発してしまうのでした。

そうして、旺太郎たちも乗っていた船が沈む事故につながるのでした。

しかも、エンジン室には克明にその様子が写されている映像があったのです。

叔父が持っていた証拠は尊氏が犯人だと決定する映像だったのでした。

事故の後、その映像を手に入れた並木(美尊の父)は、隠蔽することを指示します。

と同時に、その映像を尊氏にも見せ、今回のことを見逃す代わりに、

美尊を支援することを約束させるのでした。

(回想終わり)

 

急に苦しみ始める美尊の父。

しかし、何もせず苦しむ父を見守る尊氏。

そして、過去に言われた指示を反故(ほご)にすると告げるのでした。

そうして亡くなっていく並木(美尊の父)。

そうして好き生きていくと決意を新たにする尊氏。

スポンサーリンク

並木(美尊の父)が亡くなったことで、集まる美尊と母親。

そうして、尊氏は美尊に改めて会社のためを考えて、

養子を解消し結婚を申し込むのでした。

会社の取り締まり役会でも、尊氏が社長になることに異論はなし。

順調に事が運んでいきます。

 

旺太郎は、並木(美尊の父親)が亡くなったことを知り驚愕します。

前回のタイムリープと変わってしまっているからです。

 

(第4話おわりです。)

疑惑の映像の内容が遂にわかりましたね!

それは、尊氏は何もできなくなってしまいますよね。

旺太郎がどうやって挽回するのか、次回楽しみです。

—–おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」5話 あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察へ——

キャスト

堂島旺太郎(山崎賢人)

謎の女(門脇麦)

並樹尊氏(新田真剣佑)

並樹美尊(新木優子)

春海一徳(菅田将暉)