おすすめアニメ 2017秋「十二大戦 」最終回(12話)あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

今回で十二大戦も最終話ですね。

バトルロイヤルの結末は、子の戦士・寝住の勝利という結末に。

最終回の今回は、十二大戦勝者の戦利品

「どんな願いでもたったひとつだけ叶えてもらえる」

寝住は自分の叶えたい願いを思案していく。

どうしても叶えたい願いとは一体何だったのでしょうか─────!?

スポンサーリンク

おすすめアニメ 2017秋「十二大戦 」最終回(12話) 視聴率・ネタバレ・感想・考察

アニメの視聴率はやっぱりわからないですねー。すみません。

 

「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそう でもない99の願い」

最初は、寝住が学校に通う様子。

クラスメイトともあまり仲が良いわけではなさそうです。

まずは最初に仲良くない同級生たちを全員殺すという願いにしようかと

考えたり、同級生の女子のパンツを見るとか、くだらない願いから思案します。

もちろんそれは却下となりますがね^^

寝住は、大戦中に100通りの勝利パターンを試した際に

それぞれが一体何の願いを叶えたいかを聞いてたいたたことを振り返ります。

 

申は平和を願っていたことを思い出し、寝住的には申が一番印象がよかった。

それから、申を生き返らせようかとも考える。

だったら、全員生き返らせるというのはとも考える。

でも、生き返らせたくない奴も生き返ってしまうし、

それをしたことで感謝されたいのか?と考える。

 

一旦、家に帰る寝住。

他の戦士と違って、家自体は普通の家。

名家といった感じでもないようです。

生き返らせる願いがないとすると無病息災とかか?

と考えます。

不老不死と言えば羊を思い出します。

でも、寝住は死ねないのも辛いとあっさり切り捨てます。

他のメンバーも願い事はあっさり答えたことも思い出します。

酉は、自信。午は、才能。亥はハーレムと答えます。

寝住としては、人に言って恥ずかしい夢はとそれらの夢は辞めることに。

 

今回、勝利できたわけだし自分の能力を強くする今100通り試せることを

千通りにしてみてはと考える。

しかし、寝住は試したことが本当であったかのように記憶に刻まれるため

十二大戦でも何回も殺されその痛みを覚えているとのこと。

そのため、これ以上苦しみたくないという理由でそれも却下に。

それに、100通り試してもだめなときもすごい絶望感だと考えるのでした。

寝住は中学の時に同時に、好きな子に

100回告白して100回フラれたこともあるエピソードも登場します。

 

兎は世界中のみんなと友達になりたいというもの。

寅は、丑に会うこと?

辰巳兄弟はお金と答えます。

丑は結局聞いても答えてくれず、聞くなら自分の願いは何だと聞かれてしまいます。

 

やはり考えても何にも思い浮かびません。

夜になり、地下道を抜け、暗い夜道を歩きます。

ハンドレッドクリックを使って100の願いを試します。

アニメではいろいろな願いが字幕式に表示されていき、

何か虚無感のあるような結論にが書かれています。

 

すると、突然主催者側の司会の男が現れて、1つの願いを100に増やしてほしいでもいいと

話しかけてきます・・・。

ただ、欲望が100で収まるわけはないと付け加えてきます。

そして、寝住が決めた願いは「忘れさせてほしい」

というものだったのです。

 

翌日、学校に行くと相変わらずクラスの同級生は冷たい態度。

でも、そいつらから見ても今日の寝住は清々しい顔をしていると気が付くのでした。

 

これで十二大戦は終了です。

原作では、寝住の願いは「夢がほしい」というもの。

結果もどういう願いをしたかは語られていませんでした。

ということもあり楽しみではあったのですが、

少し拍子抜けした所もありますね~^^;

今までの展開がおもしろかっただけに・・・。

 

でも、考えてみると深いですよねー。

というのも、寝住は常に願いを叶えているようなものです。

だめなら、戻ることができるわけですからねー。

でも、やっぱり満足していない。

司会者が言ったように、人間の欲望には際限がないってことなんでしょうかね。

100の願いを考えているところでも文字が流れて行ってしまいましたが、

それぞれ結論をだしていたので、

どういう結論を出したのかしっかり見たかったですね。

とはいえ、かなり面白いアニメでした。

続編も、子供とかで行けそうな感じですよね^^

期待したいです!

スポンサーリンク