おすすめドラマ ネタバレ 下克上受験・第1話 あらすじ・感想・考察・視聴率


このドラマは主演阿部サダヲで、中卒の父親がかわいい一人娘を、自分と同じ境遇にさせるものかと、最難関の中学受験を親子で目指すと言うドラマです。塾にも通わず、父親娘が二人三脚で中学受験に臨むという実話がもとになっています。

個人的には阿部サダヲのドラマは好きなので、いつもチェックしています。母親が深田恭子というところも、なかなか面白いキャストだと思いますよ~

スポンサーリンク

キャスト

桜井信一:阿部サダヲ
桜井香夏子:深田恭子
桜井佳織:山田美紅羽
桜井一夫:小林薫
徳川直康:要 潤
楢崎哲也:風間俊介
小山みどり:小芝風花

 

<1話のあらすじ>

今から1年半前、全日本統一小学生テストのテストの結果が郵送で送られ、それを楽しみに開封する桜井家の3人。全部書けたと言う佳織でしたが、結果は・・なんと偏差値41。下から数えた方が早いほどだったのです。

スポンサーリンク

翌朝、信一(阿部サダヲ)が出勤すると、新入社員の楢崎哲也(風間俊介)と組むことになり、タワーマンションの内覧に行き不動産の営業のいろはを教える信一。楢崎は東西大学出で頭もよく、セレブのお客さんとも話があいます。

その夜、信一は香夏子(深田恭子)に、佳織を塾に行かせたいと言いますが、却下されてしまいます。

翌日、タワーマンションのお客様から電話があります。なんと楢崎に担当をしてもらいたい・・桜井さんとは話が合わない・・担当をは外されてしまいます。

その夜、信一はいつもの松尾(中学の同級生)の居酒屋にみんなで集まり、学歴のせいでお客さんをとられてしまったと愚痴を言います。帰り道に塾のチラシを拾った信一は、入塾テストだけでも受けさせてくれともう一度香夏子に頼みます。

入塾テスト当日、信一の父・一夫(小林薫)が入院している病院から連絡が入りました。どうやら病院のテレビを壊そうとしたようで、気に入らないトクガワ開発社長・徳川直康(要潤)がテレビに映っていたからだと言う一夫。しかも、他にもいろいろクレームが重なり、病院を退院してくださいと言われてしまいます。

一夫は大工ですが足場から落ちて足を骨折しての入院で、信一の家でしばらくお世話になることに。

スポンサーリンク

その夜、食事をしていると、TVで誤認逮捕のニュースがでますが、香夏子と一夫は「五人逮捕」だと思いこんで話をしています。この光景に信一はショックを受けます。

その夜には、佳織が学歴がなくてろくでもない旦那と結婚して、毎日の生活が苦しくて、スーパーで万引きして捕まるという夢を見てしまいます。

そして入塾テストの結果発表の日。信一と佳織が結果を聞きに行くと・・テストの結果は最低でした。

担当から「今から頑張れば、そこそこの大学は目指すことができます」と・・信一は怒って帰ります。

帰り道に「勉強しなくていいの?そしたら、佳織、中卒かな~?」と香織に言われて、信一は佳織の将来のことを考えます。

ネットで中学受験をいろいろ調べて出て来たのは・・・偏差値72の最難関中学、桜葉学園。そこにはバラ色の将来を約束させるような言葉がいろいろ書かれていました。

その夜、先日見た夢の話を香夏子と佳織と一夫に話をする信一。「人生は途中から変えられない、しまったと思っても途中からじゃ無理なんだよ。見えない天井があるんだよ。がんばって階段上っても、そこから上に行けないんだよ。別な入口があるんだよ。人生のもっと早い時にその入り口があるんだ。佳織はまだ間に合う。今から頑張れば間に合う。目指せ、偏差値72、桜葉学園合格!」

香夏子からは「信ちゃんの考えを佳織に押し付けてるだけよ」なんて言われてしまいます。

翌日、昨晩のことを思いながら叫んで会社に向かう信一。会社に行くと先日のお客さんから断られてしまいますが、それでもがんばる信一。すると佳織と途中で出会い、佳織は信一に向かって叫ぶのです。

「私、勉強する。中学受験する」

ここから親子二人三脚ででの中学受験が始まります!初回1話の視聴率は10.9%です。