おすすめドラマ ネタバレ 突然ですが明日結婚します・第1話 あらすじ・感想・考察・視聴率

初回第1話の視聴率は8.5%だそうです。月9が強い時代ではもうないんですね~個人的には山村隆太さんの(flumpool)演技に注目です!

キャスト

  • 高梨あすか・・ 西内まりや 銀行営業ウーマン
  • 桐山莉央・・ 中村アン あすかの先輩
  • 牧瀬桃子・・ 岸井ゆきの あすかの親友
  • 小野広紀・・ 森田甘路 あすかの先輩で名波の友人、結婚したい男
  • 名波竜・・ 山村隆太(flumpool) 人気アナウンサー、通称ナナリュー
  • 三上響・・ 沢村一樹 アナウンス室室長
  • 桜木夕子 高岡早紀 女優、かつて名波竜と関係してた
  • 神谷暁人 山崎育三郎 証券会社ののエース営業マン

 

高梨あすか(西内まりや)の夢は恋愛結婚をして専業主婦になること。

現在は夢とは違い銀行で法人営業をして、営業成績も優秀なバリバリのキャリアウーマン。彼女には付き合って5年になる彼氏(白洲迅)がいて、あすかの誕生日デートでプロポーズを期待するあすかだったが、「僕と別れて下さい」という期待を裏切る告白をうけてしまう。

友人の結婚式に、桐山莉央(中村アン)、牧瀬桃子(岸井ゆきの)、そして会社の先輩の小野広紀(森田甘路)と参加するあすか。

その結婚式の司会をしていたのがTNNテレビのアナウンサー、“ナナリュー”こと名波竜(山村隆太)。

あまり乗り気がのらなかったが、ブーケトスあすかも列の後ろの方で参加することに。しかし他の女性の手に弾かれたブーケを見てあすかは思わずジャンプしてしまい、プールに飛び込みながらの見事にキャッチをしてしまう。それに対しナナリューは「見事なダイビングキャッチ。結婚に掛ける情熱を表現した…」と会場の笑いを誘い、あすかを傷つけてしまう。

スポンサーリンク

あすかが会社に着き、朝礼で若いカップルが前によばれます。

「突然ですが、明日結婚します」と結婚報告が・・。拍手はするものの、その現実に心から喜ぶことはできなかった。

その日の夜、莉央、桃子、小野の3人と行きつけの店で飲んでいたあすか。

「結婚を前提としないお付き合いは一切排除します」とはっきり宣言するあすか。4人は2次会で小野のマンションに行くことに。小野は銀行の御曹司、サラリーマンながら億ションに住んでとってもいい暮らし。

あすかはそこでも元カレとの恋愛を悔やみながら酔いつぶれ、寝てしまいます。目を覚まして小野を探して隣の部屋に入り、小野だと思って起こそうすると・・突然キスをされてしまいます。

しかもその相手は名波。名波は小野と昔からの友達で居候中。昨日の大騒ぎを聞いていた名波は「がっついてるから逃げられんだよ。どうせ仕事も腰かけでしょ、お見合いでもしてさっさと結婚したら?」と言われてしまい、最悪の再会に。

スポンサーリンク

小野と会社で会うと名波には寝ぼけてキスをする癖があると聞き、腹が立つあすか。

エコノミストの神谷暁人(山崎育三郎)のセミナーに参加し、あすかの質問にも丁寧に答えてくれます。彼は優しく面白く良い印象を受けます。

 

次の日、小野のマンションでバスケの観戦をすると誘いがありますが、名波のことがあるので断ります。でもナナリューははいないよと言われて仕方なく参加することに。

しかし小野の家に行ってみると出てきたのはなんと名波でした。そこには三上も一緒で桃子は三上に一目惚れの様子。

キッチンで話す男性軍。そこで名波はあすかが腰かけOLではなく仕事を頑張っていることを知り、少し興味を持つのです。

バスケ観戦のハーフタイム、一人テラスへ出て行くあすかを見かけた名波もテラスへ向かいます。

ブーケの時の事を謝った名波は「個人的に誕生日ってあんまり興味ないんだけど、大切な日なんでしょ?だったら悪い記憶なんかにしない方がいいよ。1つ古い恋が終わって、新しい世界が始まったって、そう考えれば良いんじゃない?」

その言葉にあすかは涙を流します。

次の日、プリンターの操作で苦戦していた神谷に、あすかが操作を教えます。そのお礼に今夜の一緒に食事に行くことになります。

その日の仕事終わり、先日結婚発表をした女性社員が仕事が終わらなくて困っているのに気付くあすか。彼女は式の打ち合わせがあると聞きあすかは彼女の手伝いをします。

仕事をなんとか片付けて神谷の待つ店へ。話の中で神谷はあすかの結婚観について聞きます。なるべく早く結婚して専業主婦になりたいと伝えると神谷に驚かれますが、引きはしませんでした。

スポンサーリンク

莉央、桃子、小野と4人でモノマネ番組の観覧に行き、名波の視界ぶりにに少し感心するあすか。

その日の収録を終えた名波に女優の桜木夕子(高岡早紀)との共演の話が。実は桜木夕子は名波と不倫関係にあるとされた人物で名波がNYに飛ばされた原因だったのです。

 

一方、観覧終わりの4人はまた小野の家に集まり焼肉パーティー。あすかはビールが足りなくなって買い出しに向かい、仕事を終えた名波と出会います。一緒に買い出しを付き合ってくれることに。

あすかがお菓子のコーナーを見ているとカラフルなキューブ状のキャンディを見て「かわいい…」と呟きますが、名波に「しょっぱい方がいいんじゃない?」と言われてそれに賛同する。

帰り道、荷物を重そうにしているあすかを気遣い軽い荷物と交換してくれる名波。今までの悪い印象は薄れ、あすかは自分の事を素直に語った。

しかし結婚観の話になると一気に険悪ムードに・・結婚願望の強いあすかと絶対結婚したくない名波は意見が分かれます。

名波に少し好意を持ち始めたのに・・過激な結婚観をぶつけられたあすかは名波にビンタをしてしまい、買ったものを小野の家に置くとそのまま家へ。

落ち込むあすかの携帯には元彼から「荷物を持って行って。鍵はポストに。」と連絡が入るのです。

誰もいない元カレの彼の部屋。歯ブラシ、クッション、洋服、彼との写真などを紙袋に詰め、家を出ます。

すると雨が降り出し、雨はどんどん強くなります。傘もささずに歩いていると紙袋は破れてしまい、抱えるように荷物を持っち直し歩くあすか。

すると・・家の近くの橋に名波が待っていたのです。名波は傘を差し出し、「さっきはごめん」と謝ります。

そしてポケットから取り出した小さな紙袋をあすかの上着のポケットに押し込み、濡れながら走って帰るのです。

あすかが家に帰り、上着のポケットを確認するとそこにはあのカラフルでかわいいとつぶやいたキャンディが・・箱には「Happy Birthday」の文字。あすかはそのキャンディを一つ口に入れ、少しだけ笑顔がこぼれます。

 

次の日、小野から連絡があり名波の帰国を祝うサプライズパーティに誘われます。あすかは名波の傘を持って帰すタイミングを窺います。あすかは傘をなんとか返しますが、その会には桜木夕子も出席していました。

そんな中、仕事を奪われた小島が名波にお酒の入ったグラスで名波の服にお酒をぶちまけるのです。食って掛かる小島は「みなさーん。ナナリューが1年間NYに言ってた理由ご存知ですか?それはね、不倫してたせいなんですよ。ゲス不倫。不倫したのにまたフラーっと戻ってきてなんなんだよ。俺は相手の名前も知ってんだ。ここにも来てんだよ。ナナリューの不倫相手は誰もが知ってる…」

そこであすかがアイスペールの水を小島の顔にぶっかけます。驚く会場を後にしてあすかは帰ります。

その帰り道に名波があすかを引き留めるのです。

名波「意外と大胆なんだね」あすか「気付いたらやってた」「なんで俺より怒ってんの?ありがと」そいいう名波にあすかは「私も、ありがと。」とキャンディを見せながら言います。

名波はあすかを抱きしめて「好きになっても良い?」と耳元で尋ねます。キスしそうになったあすかが「私と結婚する気ありますか?」と聞くと・・名波は「無理。」と答えます。あすかは「サイテー!」と突き放したところで、1話が終了です。