おすすめドラマ2012秋「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 」4話(シーズン1)あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

「実録! ザ・スーパードクター」という番組で、「腹腔鏡の魔術師」として

加地秀樹が取材されます。

それにより病院は大繁盛です。

そこに外資のファンドマネジャー・四谷(鶴見辰吾)が、

十二指腸にできたステージIの腫瘍手術をしてほしいと依頼が来ます。

高校時代の同級生である加地を頼り、仕事に支障を来さないように、

ロンドン、ニューヨーク、東京の三大市場が取引を停止している49時間のうちに

腹腔鏡手術で退院したいという依頼をするのだった。

慎重性を重視した加地は開腹手術を提案する。

しかし、納得ができない四谷は、病院を移ろうとしたのでした。

ですが、腹腔鏡と内視鏡を併用すれば開腹せずに手術は可能だと

未知子が提案するのでした!?

 

スポンサーリンク

「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 」4話(シーズン1)視聴率・ネタバレ・感想・考察

視聴率は、17.1%です。

やはり高めです。

 

四谷は未知子の手術の提案を受け入れます。

病院関係者がそれを許すのかと思ったのですが、

本来未知子は不利な立場ですから、即却下されるのかと思ったのですが、

鳥居は、未知子が執刀する腹腔鏡・内視鏡併用

十二指腸局部切除術は初めての術式であり、学会で発表できるかもしれないと

考えます。しかも、VIP扱いの患者が他の病院に移ってしまったとあっては

病院の威信にかかわります。事務長の寺山(室井滋)も未知子の味方になってくれるのでした。

そうして、未知子が執刀医で腹腔鏡・内視鏡併用十二指腸局部切除術で

手術ができることになったのです。

 

スポンサーリンク

そうして手術当日、加地は大門の助手に抜擢されますが、

ドタキャンしようとします。ですが、鳥居の説得もあり何とか

手術をすることに。

そうして、鳥居も注目の中手術が開始されます。

ですが、突然

大門「あっ、やっぱり私できない。」

といい始めるのでした。

やはり内視鏡と腹腔鏡の併用はは一人ではできなかったのです。

ですが、助手は腹腔鏡に関してはスペシャリストですある加地です。

加地が腹腔鏡を行い内視鏡を大門が捜査して無事に手術は成功したのでした。

 

大門はかなりの批判を受けますが、

加地の腹腔鏡の技術と手術を成功させるためについた嘘であることは明白ですよね^^;

あと、謎のドクターXのニュースが少しづつ明らかになり、

毒島がそれを調べ始めていたのでした。

 

今回はここまでです。

まあ少し残念な感じもしますが、今後の成り上がりに期待といったところですね!

今後も権威に立ち向かって昇りつめてほしいですね^^

キャスト

大門未知子(米倉涼子)

森本光(田中圭)

原守(鈴木浩介)

神原昌(岸部一徳)

城之内博美(内田有紀)

毒島隆之介(伊東四朗)

勅使河原毅(小林稔侍)

鳥井高(段田安則)

寺山金子(室井滋)

半田正(政岡恭志)

奥村藍(林丹丹)

加地秀樹(勝村政信)

白木透(小松和重)

千葉園子(紫吹淳)

小池理恵(山本美月)

スポンサーリンク