おすすめドラマ2017秋「コウノドリ 」10話あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

今回のテーマは、「出生前診断」です。

あらすじ

妊娠が決まりうれしそうに話す夫婦。

そこに郵便が届きます。

それは、出生前に手軽に受けれる診断。

すると、結果はダウン症の可能性を示す項目が陽性・・・。

パニックになり、何も考えられない放心状態の妻。

もう一組、ペルソナで遺伝子検査の結果を知らされる夫婦が・・・。

今回は、ダウン症候群の診断を受けた2組の夫婦の物語です。

スポンサーリンク

おすすめドラマ2017秋「コウノドリ 」10話 視聴率・ネタバレ・感想・考察

視聴率は、11.1%だったようです。好調を維持していますね^^

それにしても、このドラマは毎回泣いてしまいまよね。

今回もとても難しいテーマですねー・・・。

 

ペルソナ総合医療センターのサクラ(綾野剛)のもとを訪れた透子たち。

お腹の中の赤ちゃんが高い確率でダウン症候群だと告げられる。

確定には羊水検査が必要なことを説明され、羊水検査をすることにする。

結果はやはりダウン症。

夫と話し合い、夫婦の両親を含めて家族会議が開かれる。

ほぼ全員が生むのは反対だと言う。

悩む透子に、最後は母と二人で話合うが、やめた方がいいと言われるのでした。

 

もう一方の夫婦、明代(りょう)と信英は小さな弁当屋を営んでおり、

すでに娘がいる。弁当屋の経営は苦しく、パートさんを雇う余裕もないことから、

明代はダウン症の子供を育てることはできないと考えていたのでした。

検査の結果はやはり陽性、その後も決心は変わらず出産をあきらめることを選択するのでした。

 

四宮春樹(星野源)の妹・谷内夏実(相楽樹)が四宮に会いに来ていました。

渡したのは「これ、お父さんがお兄ちゃんに渡してくれって。」

それは、へその緒だったのです。

 

後日、妹から電話。

容体が急変し、親父さんはなくなってしまったとの報告。

タイミングが悪く急患がやってきます。

とりあえず、無事に出産が完了し、サクラに「後は頼む」と告げ実家に戻るのでした。

スポンサーリンク

明代夫婦が赤ちゃんを諦める日の前夜。

「眠れないのか?」と尋ねる信英に、明代は「お腹、蹴ったの・・・」と答える。

のでした。

次の日、必死に陣痛に耐える明代。

明代は強制的に陣痛を発生させ、

早期に生むことで赤ちゃんをあきらめるという方法。

その時、明代はサクラにお願いをします。

それは、最後に生まれた子を抱かしてほしいと伝えるのでした。

 

出産後、明代は、生まれた子を抱かせてもらえたことを夫に話します。

明代「温かくてすごく小さかった。」

と泣きながら話すのでした。

 

一方、透子は夫にもう一度考えようとダウン症の本を渡します。

だが、結局は諦めるという結論に。

最後に、エコーを見たいという透子。

 

手術当日、手術室に向かいます。

でも、急に座り込んでしまいます。

やはり「生みたい」という透子。

反対していた母も透子に寄り添います。

あなたがへばっても母さんが一緒に育てると言ってくれたのでした。

 

 

旦那も生むことを許してくれ、生むことになったのでした。

 

遂に次回は最終回ですねー。

今回も難しいテーマで泣けました。

—–おすすめドラマ2017秋「コウノドリ 」最終回(11話)話あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察へ——

スポンサーリンク

キャスト

鴻鳥 サクラ(綾野剛)
四宮 春樹 (星野源)
下屋 加江(松岡茉優)
小松 留美子(吉田羊)
今橋 貴之(大森南朋)
白川 領(坂口健太郎)