おすすめドラマ2017秋「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 」最終回(10話)あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

前回蛭間(西田敏行)が、見ていたステージ4Aのガンの写真は、

内神田のもとであることが蛭間にも伝えられます。

内神田は東帝医大で救ってほしいと頼みます。

しかも、大門以外の手で手術してほしいと言うのでした。

もちろん幹部たちはあまりのレベルの高さに執刀するとは言いません。

しかも、失敗すれば医者としての生命を絶たれると蛭間に言われ、

尚更、名乗りをあげることはできません。

そこに登場したのは、加地だったのです。

加地が執刀医として内神田のオペに挑むのでした!?

スポンサーリンク

おすすめドラマ2017秋「ドクターX ~外科医・大門未知子~ 」最終回(10話)視聴率・ネタバレ・感想・考察

視聴率は、後日追記させていただきます。

視聴率は25.3%だったみたいです!やはりドクターXすごいです。

 

実は加地結局大門を頼りにしていただけで、

影武者としてオペをしてほしいと名医紹介所を訪れます。

すると、元気そうにしている大門。

前回倒れていたのはなんだったのかというところです。

次は、ボストンに行くと話す晶と大門。

加地はオペを頼みますが、

大門「いたしません。」

と断る大門なのでした。

 

後日、院長室では誰がするのかと話し合いをし、

西山にお願いすると蛭間は言い、

西山が訪れます。でも、すぐに引き受けはしません。

そこに、大門が登場です!

写真をみて、別の病名を口にする大門。

それは、実は自分の病名だとみんなに告げます。

それは、かなりひどい病名のようです。

でも、内神田のオペは自分がすると宣言する大門。

大門しかできないとわかっている幹部たちは

なくなく同意します。蛭間もよくぞ言ったと

出禁を解除するのでした。

 

翌日極秘カンファレンスが開かれ、

ハイブリッド血管を注文してくれと言う大門。

アメリカにしかなく日本にはない医療道具です。

蛭間も今回は金に糸目はつけるなと指示があり

発注の許可がおります。

 

後日、晶がオペなんてしないで、ボストンに行けと言います。

実は、ボストンに行くというのは大門の手術だったのです。

朝、寝ている晶に別れを告げ手術に向かう大門。

しかし、急にお腹を押さえてしゃがみ込みます・・・。

スポンサーリンク

東帝医大では、手術の準備が整っていますが、大門が来ません。

そこで、西山がオペをすることに。

しかし、やはり予想以上に進行がすすんでおり、

閉腹しようとしたとき・・・

 

大門登場です!!

いつもの軽やかな手つきでオペを進める大門。

でも、やはりかなりの時間を要しています。

最後には少し雰囲気がおかしい様子。

それを見学に来ていた晶はおかしいと感じ、

マイクで話しかけます。

すると、

大門「私失敗しませんから!」

というのでした^^

 

でも、やはりいつものようにはいかない様子。

すると、珍しく大門が話は始めます。

外科医の技量は最初できまると話始めます。

なんとか話をすることで持ちこたえる大門。

大門「一番大事なのは、患者を見捨てないこと。」

大門「 私の大事な師匠が教えてくれた。」

無事にオペ終了。

成功です。

 

すると、

オペが終わって手術室を出たところで倒れてしまう大門。

自分に投与する薬を即座に指示します。

大門にかけよる東帝医大のメンバーたち。

そこで、大門が執刀医に指名したのは、西山です。

 

他のオペ室に大門を運びます。

そこに蛭間が立ちはだかります。

内神田会長を放っておいて全員で大門の手術とはどういうことだと怒鳴る蛭間。

城之内「大門を殺す気?それでも医者か?くそジジイ!」

と歯向かう城之内。幹部たちが自分たちが内神田会長の術後処置を行うから

大門を助けてほしいと進言してくれます。

 

蛭間は端に寄り、大門たちはオペ室に向かい大門のオペがはじまります。

しかし、やはりかなりの難解な手術。

加地がもう無理だとあきらめかけたとき、

西山が術式を変更し続けると言い、それがうまくいきます。

しかし、次の壁が・・・。

全員為す術なしのようです。

 

すると、見学室から晶がマイクで助言してくれます。

それは、大門が術前に用意してくれたこのオペのノートだったのです。

 

すると、ハイブリッド血管を使えと指示があるのでした。

実は、最新機器は自分のために発注していたのでした(笑)

無事に手術が成功したかのように見えます。

 

後日、大門は残念だったと話す晶と院長。

晶は請求書を渡します。

その金額は35億!

さすがにおどろく蛭間。

晶「うそです。」

と冗談だったみたいです。

そこに、本当の請求書をおいて去っていく晶。

珍しく握手を交わして去っていきます。

蛭間も今回は言い値でも仕方ないと口にし2000万かな~

と言いながら請求書を開きます。

金額は5000万です。

蛭間「たか~」と言っています(笑)

 

受付を歩いている幹部たち、そこに黒いスーツの役人のような軍団が

病院を歩いていきます。

日本医師クラブにも同じ格好の軍団が。

 

東京地検特捜部です。

内神田と蛭間は捕まってしまったようです。

 

そして、大門はというと、キューバにいました。

いつもの感じで下働きはしないと契約書に書き、

颯爽とオペに向かうのでした。

 

 

シーズン5終了です。

一回だめだったのかと思いましたが、生きていました。

次のシリーズもあるんでしょうかね!?

晶と未知子の絆に感動しました^^

キャスト

大門 未知子(米倉涼子)
西山 直之(永山 絢斗)
原 守(鈴木 浩介)
森本 光(田中 圭)
有馬 亘(中林 大樹)
黒川 慎司(上杉 柊平)
猪又 孝(陣内 孝則)
神原 晶(岸部 一徳)
鳥井 高(段田 安則)
内神田 景信(草刈 正雄)
蛭間 重勝(西田 敏行)

スポンサーリンク