おすすめドラマ2017秋 民衆の敵~世の中おかしくないですか!? 4話あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

佐藤智子は、このドラマの主人公。夫婦2人でバイトを首になってしまい、フリーターの夫と保育園児の家族3人でアパート暮らし。両親の失踪で自暴自棄になり高校を中退し、資格なしの智子。“高額報酬=家族の幸せ”を求めて市議会議員に立候補することにしたのです!

キャスト

佐藤智子 ( 篠原涼子)
佐藤公平 ( 田中圭 )
平田和美 ( 石田ゆり子 )
藤堂誠 ( 高橋一生 )
犬崎和久 ( 古田新太 )
小出未亜 ( 前田敦子 )
岡本遼 ( 千葉雄大 )
河原田晶子 ( 余貴美子 )

スポンサーリンク

おすすめドラマ2017秋 民衆の敵~世の中おかしくないですか!? 4話ネタバレ

市長の河原田(余貴美子)は
計画されていた新しい港「ニューポート」の建設を白紙に戻す発表をする

「ニューポート」は犬崎(古田新太)が中心になって推進していた計画。

なぜか反発しない様子の犬崎。

このままで終わるはずはなさそうな雰囲気です。

新人議員の岡本(千葉雄大)は小出(前田敦子)と
ファミレスに行くとそこには商店街の人達が集まっていた。

岡本の実家は元々この商店街で電気店を営んでいたが経営不振で廃業。
他の店も近隣のショッピングモールに押され次々に廃業してしまったのでした。

岡本の公約は「商店街の復活」。

でも、商店街の店は開けているだけでも赤字の状態らしい。

智子は議会の事務室で話をしていると、働いていない商店街のおばさんたちと

子供を預けたいが預けられない人の話がでる。

その話を聞いた智子(篠原涼子)は「いっしょにしちゃえばいいじゃん」と閃いた。

話は盛り上がり、子どもたちの面倒を見たり、

「こども食堂」や「学童保育」「宿題教室」などのアイデアが次々に飛び出した。

だが、審議や予算などのこともあり簡単に始めるのできない。

きちんと制度として確立していこうというのがみんなの意見だが、

智子だけはすぐにでもやりたいと話を聞かない。

スポンサーリンク

そして、智子はひとりで「子供食堂」を始めてしまったのでした。

最初はいい雰囲気だったが、盛況すぎて子どもたちで溢れかえっている。

そして、譲り合いもなく自分勝手に子どもたちは食べ物を要求していた。

託児所代わりにこどもを連れてくる母親も・・・。

初日は手伝ってくれた近所の人たちも理由をつけて手伝いに来なくなってしまう。

その状況を見た岡本は「これ以上続けられません」と大きな声で来た人たちに謝ったのでした。

ボランティアのはずの「こども食堂」に入れないと聞いた大人たちは

口々に文句を言って帰っていく。

それでも続けたい智子は「自分勝手に決めないで」

と岡本に言うが逆に「自分勝手なのはどっちだ?」と返される智子。

岡本(千葉雄大)は自分なりに決議案を提出しようと議案書を作る。

議会で岡本の決議案が賛同を得て、こども食堂が開店することができたのでした。

実は、智子は犬崎に頭を下げてお願いにいったのでした。

犬崎も「ひとつ貸しだぞ」と何故か智子に協力してくれたのでした。

次回は、どんな展開になるのでしょうか。

視聴率は7.6%だったみたいです。

月9もなかなか厳しい展開ですね。

スポンサーリンク