おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」5話 あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

前回、旺太郎(山崎賢人)の邪魔もむなしく、

尊氏(新田真剣佑)が美尊(新木優子)と結婚することになってしまったのでした。

 

美尊に会って話を聞こうとするが全く取り合ってくれません。

それは、尊氏が船の事故のことを話、

その船長の息子が旺太郎であると話したからなのでした。

どうして、美尊が一気に冷たくなったのかを知らない旺太郎は

それを調べるためにタイムリープすることに!

スポンサーリンク

おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」5話 視聴率・ネタバレ・感想・考察

視聴率は追記させていただきます。

 

一週間前に戻った旺太郎はまず、並木(美尊の父親)を救うため、

医者に並木の元にかけつけるように連絡します。

しかし、その甲斐なく並木は死んでしまいます。

これで、尊氏が見殺しにしたことは明るみにでることはありません。

 

次の行動に移る旺太郎。

尊氏の何か秘密を知っている様子だった友達を思い出します。

友達に聞き込みをすると、尊氏のおじさんが何か秘密を持っていることがわかります。

 

家に帰ると旺太郎の実の母親が旺太郎の家に来ていたのでした。

弟の話をすると思った旺太郎は、邪魔そうに帰ってほしいと言うのでした。

 

美尊と尊氏の婚約パーティ。

忍び込む旺太郎。

そして、何とか美尊と話をすることができます。

そこで、船の事故の真実を話します。

自分も乗っていて、弟を失ったことです。

それに、美尊が船に乗っていたこと知らなかったというのでした。

 

婚約パーティが始まります。

すると、電話です。

それは、病院からだったのです。

実の母親が事故で重体だから来てほしいとの電話です。

でも、

旺太郎は「今は行けない!」

迷った末の決断に見えます。

 

そこで、尊氏のおじさんにワインをかける旺太郎。

従業員に着替えを用意すると言われテープが入った上着を渡す尊氏のおじさん。

それは、旺太郎が雇ったスパイだったのです。

見事テープを手に入れることができた旺太郎。

 

母親の元に行ってみましたが、すでに亡くなっていました。

そこに、サイコがやってきます。

店で店長から母親が死んだことを聞いたとのこと。

 

旺太郎は家に帰って証拠のテープを確認します。

でも、子供が機械室で何かものを投げたのが写っているだけです。

さっぱり意味がわからない旺太郎。

 

数日後、家の冷蔵庫を開けると母親が作った料理が入っています。

母と弟の事で口論したことを思い出します。

すると、尊氏のおじさんから電話です。

テープを200万で買うと言ってきます。

すぐに向かうと告げる旺太郎。

 

その途中で、サイコが待っていました。

サイコは旺太郎が家族を捨てたと強がっているが、

実は母を亡くしてしまったことを後悔していると思っていたのです。

でも、旺太郎はこのテープを手に入れられるかわからないのに戻れないと言います。

サイコ「人生は変えられるって教えた!」

サイコ「過去は変えられないかもしれないけど、未来は変えられるって言った。」

サイコ「キスしてほしかったら言って!」

旺太郎は一度サイコを振り切って向かっていきますが、戻ってきます。

旺太郎が雇ったスパイと協力して、テープを手に入れてくれと伝える旺太郎。

そして、サイコに

旺太郎「あリがとう!」

と伝えてキスをします。

スポンサーリンク

タイムリープをした旺太郎は、急いで母親を救出に向かいます。

ぎりぎりの所で助けることに成功です!

そして、口論になったことを訂正して、光太のことが今も大好きだと伝えます。

ただ、思い出すのが辛かったから、

話をしないでほしいと言う態度を取ってしまったと伝える旺太郎。

光太を探すよりも、船を沈めた父親を探すべきだと言う旺太郎。

すると、母から新しい事実を聞かされます。

それは、父親が本当の原因は船の故障だと言っていたとのこと。

しかも、機関室の映像だけが不自然になくなっていたと言っていたとのこと。

そこで、旺太郎は気が付きます。

あの映像はその映像だと!

 

急いでホテルに戻る旺太郎。

しかし、サイコが捕まっています。テープは尊氏が持っていたのです。

目の前でテープを焼く尊氏。

これで証拠は無くなってしまったのです・・・。

 

 

婚約パーティが始まります。

すると、旺太郎が現れます。

ステージに行き、美尊にキスをするのでした。

旺太郎「前に進めば未来は変えられる!」

と問いかけるのでした。

尊氏の方を見つめる美尊。

次の瞬間、美尊は旺太郎に再びキスをしたのでした。

これで、旺太郎が一方的にキスをした展開から、旺太郎を選んだ展開になったのでした。

 

(第5話おわりです。)

タイムリープならではの何でもあり!

だけど、少しうまくいかない・・・。

けど、何か結局うまくいくというのがいいですね!

尊氏がかなりの悪役になってきましたね。

次週が楽しみです。

—–おすすめドラマ2018冬「トドメの接吻(キス) 」6話 あらすじ・視聴率・ネタバレ・感想・考察へ——

スポンサーリンク

キャスト

堂島旺太郎(山崎賢人)

謎の女(門脇麦)

並樹尊氏(新田真剣佑)

並樹美尊(新木優子)

春海一徳(菅田将暉)