おすすめ映画 2011「ツレがうつになりまして。」あらすじ・ネタバレ・感想・考察

あらすじ

幹男はクレーム係の仕事をするIT企業のサラリーマン。

妻の晴子は、売れない漫画家をしている。

ある朝、幹男の様子が少しおかしい・・・。

夫の幹夫はうつ病と診断される。

結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった晴子(宮崎あおい)は、

妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を進める。

しかし、幹夫の上司は「忙しくて皆うつ病みたいなものだ」と仕事をなかなか辞めさせない。

遂に晴子は、ツレに「会社を辞めないなら離婚する」と告げる。

会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。

これまでの自分たちの姿を見つめ直し、ハートウオーミングな感動を与えてくれる一作。

シリアスな題材であり、ただ辛いだけのイメージのうつだが、

漫画家である晴子の絵と描写で癒されコミカルに描かれている。

夫婦のきずなを描いた感動のラブストーリー。

スポンサーリンク

キャスト

髙崎晴子(ハルさん) – 宮﨑あおい

髙崎幹夫(ツレ) – 堺雅人

栗田保男(ハルの父) – 大杉漣

栗田里子(ハルの母) – 余貴美子

津田部長(ツレの上司)- 田村三郎

小畑(ツレの部下)- 中野裕太

「ツレがうつになりまして。」あらすじ・ネタバレ・感想・考察

正直見る前は暗いいめーじしかなかったので、あんまり見る気がしなかった映画です。

でも、見終わった後は本当に見てよかったと思えた映画です。

序盤はありきたりな感じもしますが、私たちでもありそうな日常。

そんな描写に重ねてしまう部分が必ずあると思います。

そう考えるとうつまではいかなくても、似たように気使い、

心使いが足りない部分が見えてきます。

違った視点で、自分見つめなおすいいきっかけになりました^^

少し嫌なことがあったりした時に見ると元気が出る映画です!